« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

音楽

最近、バンドをやっていると言う同年代の方にお会いしました。。同年代でも生活する環境が違うだけで、演奏も曲も変わってきます。まさに、この方と私は全く正反対の環境であり、どんな音楽を奏でるのか、どんな歌を作っているのか? 聴ける日がとても楽しみです。(^Q^) 出会いが人を成長させるように、出会いや様々な経験から私の音楽性も新しいものが生まれるといいなと思っています。

さて梅雨だと言うのに、私はすでに夏のことを考えています!夏もまた梅田さんと允樹さんと演奏をする事になりました☆今からどんな曲を演奏しようかと楽しみです。

そして、暑くなる前に親孝行もしないと、と思っています。今週は大好きなお父さんと面白いお母さんと敏腕マネージャーと1カ月も前から計画していた久々おいしい物を食べにいく企画を楽しみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち上げ!?

先日のライブ後、梅田さんと私の愉快な仲間たちと一緒に、4月に誕生日を迎えた梅田さんを祝うことを口実に、(^。^)パーティーをしました。みんなでご飯を作り、美味しいお酒をいっぱい飲みました。女性が集まると何故だか、盛り上がります。リハでもおしゃべりは尽きませんが、その日も楽しい時間を過ごしました。

そして、久々クラシックピアノ聞かせて頂く機会もありました。私も大学生の時は必死に練習していましたが、満足いくピアノを弾けたことはありませんでした。いつも緊張しすぎて足が震え、ペダルを踏むとピアノごと動いてしまい、それを見た私はパニックになると言う悪循環な演奏をしていたのを思い出しました。

演奏はその人の性格や心情を表したりすることがあると私は思っています。その人がどんな時間を過ごし、どんな経験をしてきたのか、映像は見えなくても、体で感じるときがあります。同じ曲を演奏しても、全く違う演奏に聞こえたり、何気なく聴いていた曲に心を打たれたり。人間の感性や感情って、不思議なものですね。その日は、梅田さんが演奏しているのを初めて聞かせて頂いたのですが、少しも動じず、いつもの繊細で素晴らしい演奏でした。歌の間奏の梅田さんのソロを聞いて頂けたら、きっと何か感じて頂けるはずです。次回のライブ、お楽しみに☆

今日は昼間に友人とぶらぶらしてました。が、私は甘い物に目がないので、見るもの、見るもの食べたくなってしまい、結局帰る頃にはお腹がだるだるになっていました。。。さて、今月末も新しい曲にチャレンジします。たくさん練習して腹筋鍛えないと・・・(^Q^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとうございました☆

5月26日(日)お忙しい中、たくさんのご来場ありがとうございました。また、ご連絡下さった方、ありがとうございました。

今回のライブは、最初から最後までとても気持ちの良い緊張感とワクワク感でいっぱいでした!4人で歌ったり、2人で歌ったり・・・りよこさんとめいっぱい歌い、梅田さんと允樹さんと、4人が一体となった空間でした。

いつもはライブの音源をなかなか聴く気になれないのですが、今回は、今自分の持っているものを素直に出せたように感じ、次の日には落ち着いて聴くことが出来ました。

今回のライブは私にとって小さな記念のライブでした。ちょうど梅田さんと允樹さんと3人で一緒に演奏するきっかけとなった時期であり、プライベートでも再出発したこの1年の小さなまとめの会でした。

今回のテーマは「5月」。新生活がはじまる5月・行楽の5月 を念頭に楽しい曲がいっぱいでしたが、間に演奏した「明日」と言う曲。MCでもお話させて頂きましたが、ある方の演奏に感銘を受け、私なりの解釈で演奏させて頂きました。どんなに悲しい事があっても、お腹は減るし、眠くもなり、時間は変わらず流れていきます。そんな時、変わらない現実があるなら、前を見て、新しい自分に出会いたいと私は思っています。そんな想いを込めて歌わせて頂きました。

そして、「Never ending road」 曲を允樹さんに書いて頂き、私が詩を書きました。今まで音楽を続けてきて思ったことを詩にしてみました。とってもかっこいい曲に仕上がりました。是非また色々なところで演奏し、新しい曲も書いていこうと思っています。次回は梅田さんも一緒に☆

まだまだ書きたいことがいっぱいですが、次回に書かせて頂きたいと思います。いつもお忙しい中足を運んでくださる方、ご連絡頂けることに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。聞いてくださる方がいるから続ける事が出来ています。本当にありがとうございます。次回は9月30日(日)に決まりました。次回はさらに楽しい会になるようにしっかり練っていきたいと思っています。是非遊びにいらしてください!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »